ハゼクランクのロッド(タックル)・リール・ラインでおすすめは?

ハゼクランクのロッド(タックル)・リール・ラインでおすすめは?

ハゼクランクのロッド(タックル)

 

ハゼクランクのロッド(タックル)についてご紹介しています。

 

ハゼクランクで使用されるロッドには、感度のよさが必要不可欠です。

 

次のような理由が挙げられます。

 

  • ハゼの当たりが非常に小さいこと
  • しっかりと底を取らなければならないこと

 

底を叩く感触が伝わってくるぐらいの感度が欲しいところです。

 

柔らかめの先調子のロッドがおすすめです。

 

長さは、6〜8ft前後が操作しやすいです。

 

 

次のようなロッドが代用可能です。

 

  • アジングロッド
  • メバリングロッド
  • トラウトロッド
  • バスロッド
  • イトソルトゲーム用のロッド

 

個人的には、アジングロッドメバリングロッドをおすすめします。

 

非常に柔らかいので、ハゼの当たりもきっちり取れます。

 

硬めのロッドでは、まったく当たりが取れなかったり、食い込みが悪かったりと、釣りにならないこともあります。

 

詳しくはこちらを!

 

ハゼ釣り ハゼクランク

 

 

ハゼクランクのリール

 

ハゼクランクのリールについてご紹介しています。

 

リールは、1000〜2000番の小型スピニングリールを使います。

 

アジングやメバリングで使用するリールがピッタリです。

 

詳しくはこちらを!

 

 

ハゼクランクのライン

 

ハゼクランクのラインについてご紹介しています。

 

ラインは、PEでもナイロンでも構いません。

 

食い込み重視ならナイロンの0.5〜1号を、感度重視ならPEの0.2〜0.6号を使うとよいです。

 

PEの場合は、リーダー(フロロカーボン0.6〜0.8号、15〜20cm)が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ハゼクランクでおすすめのルアーは?

ホーム