ハゼクランクの仕掛けと釣り方

ハゼクランクの仕掛けと釣り方

ハゼクランクハゼクラとも言う)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

これは、ハゼの新しい釣り方のことです。

 

とは言っても、昨年すでに話題になっていました。

 

まだまだ人気の高い釣り方ですので、今年もこの釣り方でハゼを釣っている人が多いです。

 

 

ハゼクランクの仕掛け

では、ハゼクランクとはどのような釣り方なのでしょうか?

 

今流行りのルアー釣りです。

 

ハゼをクランクベイトで狙うのです。

 

そこから、ハゼクランクと呼ばれるようになりました。

 

 

ハゼクランクでハゼが釣れる理由については、いろいろな説があります。

 

ハゼがルアーを敵とみなして、自分のテリトリーを守るために、ルアーに攻撃を加えているというものがあります。

 

他には、ルアーをエサと思って食ってきているというものもあります。

 

どちらなのかはハゼにしかわかりませんが、意外とよく釣れます。

 

 

ハゼクランクの仕掛けは、本当にシンプルなものです。

 

ハゼ釣り ハゼクランク

 

ロッド

リール・ライン

ハゼクランクで使うロッド・リール・ラインの詳細はこちら!

 

 

クランクベイト

ハゼクランクで使うクランクベイトの詳細はこちら!

 

スポンサーリンク

 

 

ハゼクランクのポイント(釣る場所)

ハゼクランクは、どこでもできる釣りではありません。

 

できるのは、水深が約1〜2mの河口や川です。

 

理想は、水深1m以内です。

 

どうして、それほど浅いところでしかできないのかと言えば、それは使用するクランクベイトの特性にあります。

 

深いところでは、クランクベイトで底を叩きながら引くことができないためです。

 

そのため、2m以内のポイントで釣るようにしてください。

 

ハゼ釣り ハゼクランク

 

 

ハゼクランクの釣り方

ハゼクランクの釣り方は非常に簡単です。

 

まずは、クランクベイトをキャストします。

 

リールを一気に巻くと、クランクベイトが底まで潜るようになっています。

 

その後は、“(竿をシャクルことなく)クランクベイトを引いては止めて”を繰り返すだけです。

 

ロッドを下げて、クランクベイトで底を叩くようなイメージで巻いてくるのです。

 

ゆっくり巻くだけではなく、少し速めに巻くとよいこともあります。

 

 

また、次のような誘い方もあります。

 

竿を軽くシャクりながら、引いては止めてを繰り返します。

 

 

注意しなければならないのは、どちらの場合でも、ハゼがいる底をきっちり取り続けることです。

 

ハゼがいない中層でいくら誘っても、ハゼは釣れません。

 

それと、速く引いている場合は、引くのを止める時間を作ることです。

 

ずっと引きっぱなしでは、ハゼが食う時間がありません。

 

適度に、ハゼに食う時間を与えてやります。

 

ゆっくり巻いているだけなら、止めなくても食ってきます。

 

日によっては、止めないと食わないこともあります。

 

 

シャクる回数や強さ、引く速さ、クランクベイトの種類などを工夫することで、釣果が変わってきます。

 

何でも試してみることが大切です。

 

 

1匹釣れたら、同じポイントを同じ速さで巻いて再び攻めます。

 

ハゼはよく群れているので、連発で釣れることが多いです。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ハゼクランクのロッド(タックル)・リール・ラインでおすすめは?

ホーム