【ハゼ釣り】ジグヘッド・ワームとマイクロテンヤの仕掛け

【ハゼ釣り】ジグヘッド・ワームとマイクロテンヤの仕掛け

ハゼのルアー釣りと言えば、ハゼクランクが有名です。

 

しかし、ジグヘッドとワームを使った釣り方もどんどん人気が高まっています。

 

アジングやメバリングと同じスタイルの釣りです。

 

 

ジグヘッドを使った仕掛けは、次のとおりです。

 

マイクロテンヤの仕掛けも同じです。

 

ハゼ釣り ジグヘッド

 

ロッドは、アジングロッドが使いやすいです。

 

穂先が柔らかい(ソリッドティップ)ロッドがおすすめです。

 

そうでないと、当たりが取れません。

 

メバリングロッドでもOKです。

 

そのため、他のロッドを代用する場合には、できるだけ柔らかそうなものを探すとよいです。

 

 

リールはスピニングリールの1000〜2000番がよいです。

 

こちらも、アジングやメバリングで使うようなもので構いません。

 

 

ラインは、ナイロンの2〜4lb、またはPEの0.2〜0.6号を巻いておきます。

 

PEの場合は、リーダー(フロロカーボン0.6〜0.8号、15〜20cm)を使用します。

 

ハゼ釣りのおすすめのロッド・リールなどはこちら!

 

 

ジグヘッドは、0.4〜2gを使います。

 

ここに、1cmほどに切ったワームをちょん掛けします。

 

上の図は、ちょん掛けになっていません。

 

マイクロテンヤは、ワームを使用せず、エサを付けます。

 

エサについては、「ハゼ釣りのエサでおすすめは?」を参照!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「【ハゼ釣り】ジグヘッド・ワームとマイクロテンヤの釣り方

ホーム