【ハゼ釣り】ジグヘッド・ワームとマイクロテンヤの釣り方

【ハゼ釣り】ジグヘッド・ワームとマイクロテンヤの釣り方

ハゼ釣りの「ジグヘッド・ワーム」と「マイクロテンヤ」の釣り方についてご紹介しています。

 

「ジグヘッド・ワーム」と「マイクロテンヤ」の釣り方は、ほとんど同じです。

 

 

はじめに、水深が浅くて(20〜50cmほど)、底が砂地や泥砂のポイントを探します。

 

ハゼは、このようなポイントによくいるためです。

 

ハゼ釣り マイクロテンヤ

 

 

まずは、ジグヘッドをキャストします。

 

ハゼの活性が高い時は、着底するだけでハゼが寄ってきて、いきなり食うことがあります。

 

大抵の場合、しばらく待たないと食ってくれません。

 

 

当たりがない時は、ゆっくりズル引きます。

 

数回シャクッてジグヘッドを跳ね上げ、その後底まで沈めてもよいです。

 

跳ね上げると言っても、軽く持ち上げる程度です。

 

たまには、大きく持ち上げるのも効果的です。

 

誘った後は、ラインのたるみを巻き取り、しばらく待ちます。

 

その後は、これを繰り返します。

 

 

ハゼが仕掛けを引き込んだら、軽くロッドを上げて合わせます。

 

早合わせするより、じっくり食わせてから合わせた方が針がかりしやすいです。

 

針がかりすれば、ゆっくり緩めずに巻いてくるだけです。

 

 

釣れない時は、ワームを交換したり、ワームの大きさを小さくする(1cmぐらい)などの工夫が必要です。

 

マイクロテンヤなら、エサの種類を変えたり、サイズを小さめ(虫エサの場合タラシを短め)にするとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ハゼクランクの仕掛けと釣り方

ホーム