落ちハゼ釣りの時期

落ちハゼ釣りの時期

落ちハゼ釣りの時期についてご紹介しています。

 

落ちハゼとは、水温が下がって深場に落ちていくハゼのことです。

 

大型が釣れることが多いです。

 

サイズは、15〜20cmほどにもなります。

 

当然、サイズアップすれば、引きも強くなります。

 

ハゼとは思えないような当たりを楽しむことができます。

 

ハゼ釣り ポイント

 

 

では、落ちハゼ釣りの時期はいつ頃なのでしょうか?

 

年によって若干異なりますが、10月中旬から始まります。

 

12月上旬まで釣れることが多いです。

 

12月末までいける年もあります。

 

 

いつから落ちハゼ釣りが始まるのかについては、はっきりとは言い切れない部分があります。

 

ただ、確かめることはできます。

 

目安としては、ウキ釣りやミャク釣りで浅瀬を攻めてみて、ハゼが釣れないと、そろそろ落ちハゼの時期だと判断できます。

 

 

釣るポイントは、もちろん深場を狙います。

 

そのため、ある程度投げないといけない場合が多いです。

 

釣りに行く場所にもよりますが、50〜60mほど投げることもあります。

 

 

釣りに行く場所は、汽水域に接している運河などが好ポイントです。

 

そこに船道になっているところがあれば、さらによいです。

 

船道は水深があって、カケアガリになっていることが多いためです。

 

そのような場所があれば、チャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「落ちハゼ釣りの仕掛けと釣り方

ホーム