落ちハゼ釣りの仕掛けと釣り方

落ちハゼ釣りの仕掛けと釣り方

落ちハゼ釣りの仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

10月中旬以降のハゼは深場に落ちていきますので、岸から離れた場所にいることが多いです。

 

そのため、ある程度キャストしなければなりません。

 

 

落ちハゼ釣りの仕掛け

仕掛けは、次のとおりです。

 

落ちハゼ釣り 仕掛け

 

 

ちょい投げで使用した釣具や仕掛けで十分です。

 

仕掛けは、キス釣り用の3本針仕掛けを使ってもよいです。

 

この頃のハゼは、ある程度大きいので、キス仕掛けでも問題ありません。

 

ハゼのちょい投げ仕掛けを参照!

 

 

落ちハゼ釣りの釣り方

まず、狙ったポイントへキャストします。

 

着底したら、ゆっくりと仕掛けを巻いてきます。

 

ある程度巻いたら、止めてみます。

 

キスの引き釣りの要領でやればよいです。

 

 

当たりがあっても、そのまま合わせずに巻き続けます。

 

うまくいくと、追い食いが期待できます。

 

何回か当たりがあったり、重くなったりすれば、巻き上げるとよいです。

 

根がかりが多い時は、置き竿で釣るとよいです。

 

 

あとは時合を逃さないように、効率的に釣りを行います。

 

時合を逃すと、数が伸びません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「テナガエビ釣りの時期(シーズン)は?

ホーム