ハゼ釣り仕掛けの竿(のべ竿)・リール・道糸のおすすめは?

ハゼ釣り仕掛けの竿(のべ竿)・リール・道糸のおすすめは?

ハゼ釣りは大きく分けると、リールを使わない釣り方と、リールを使う釣り方があります。

 

リールを使わない釣り方には、ミャク釣りウキ釣りがあります。

 

リールを使う釣り方には、ちょい投げ釣りルアー(ワーム)釣りがあります。

 

それぞれに使う竿は、当然のことながらまったく異なります。

 

 

ミャク釣り・ウキ釣りの竿

ミャク釣りやウキ釣りには、一般的にはのべ竿がよく使われます。

 

のべ竿はリールシートやガイドがないのが、大きな特徴です。

 

竿先に、直接糸を結んで使います。

 

 

のべ竿と言っても、いろいろな種類があります。

 

そのため、ハゼ釣りに適しているのべ竿と、そうではないのべ竿があります。

 

 

ハゼ釣りに適しているのべ竿には、次のようなものがあります。

 

  • 渓流竿
  • 万能竿

 

など

 

 

長さは、釣る場所に応じて、2〜5mの中から選べばよいです。

 

 

おすすめののべ竿

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ちょい投げ釣り・ルアー(ワーム)釣りの竿

飛距離はそれほど重要ではなく、操作性や感度を重視して竿を選ぶとよいです。

 

そのため、長い竿より長さ2〜3mほどの短い竿をおすすめします。

 

 

次のような竿が適しています。

 

  • 万能竿
  • キス専用竿
  • アジングロッド
  • メバリングロッド
  • エギングロッド
  • バスロッド

など。

 

 

必ず、使うオモリが使用可能かを確認してください。

 

無理をすると破損してしまいます。

 

ハゼ釣り 竿 リール

 

 

おすすめのルアー竿・ハゼクランクロッド

 

 

 

 

 

 

ハゼ釣りのリール・道糸

ちょい投げ釣りでもルアー(ワーム)釣りでも、使用するリールはほとんど同じです。

 

小型のスピニングリールを使います。

 

1000〜2000番のリールがおすすめです。

 

アジングやメバリングで使うリールでも問題ありません。

 

リールが決まれば、PEなら0.6〜0.8号、ナイロンなら1〜2号を巻きます。

 

どちらでもよいです。

 

 

おすすめのリール

 

 

 

 

 

おすすめの道糸

 

 

Amazonで他の道糸を探す!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

竿とリールについて解説してきました。

 

ハゼ釣りに使う竿やリールには、それほどこだわる必要はありません。

 

そのため、安価な釣具でも十分楽しめます。

 

釣具店やネットで、セットになっている安いものを購入してもよいです。

 

もちろん、釣具にこだわりたい人はこだわっても構いません。

 

 

 

 

 

次へ 「ハゼ釣り仕掛け「ミャク釣り」とは?釣り方・コツは?

ホーム