テナガエビ釣りの仕掛け

テナガエビ釣りの仕掛け

テナガエビ釣りの仕掛けについてご紹介しています。

 

エビを竿で釣ることに抵抗のある人がいるかもしれません。

 

子供時代に、ザリガニを竿で釣っていた人はそうでもないかもしれないですが。

 

 

テナガエビを釣る人などいるのかと思うのですが、どこにでも生息しているだけに意外と多いです。

 

魚ならエサ付きの針を吸い込んで針がかりしやすいのですが、エビとなるとなかなかうまく針がかりしてくれません。

 

初心者は、バラシ連発だと思います。

 

やっているうちに、コツがわかるようになって釣れるようになります。

 

釣れた時の喜びは最高だと思います。

 

 

では、どのような仕掛けでテナガエビを釣るのでしょうか?

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

テナガエビ釣り 仕掛け

 

よく見かけるようなウキ仕掛けです。

 

 

竿

テナガエビ釣りで使う竿の詳細はこちら!

 

 

道糸

道糸は、ナイロンまたはフロロカーボンの0.6〜1.5号を使います。

 

道糸は細すぎても、太すぎてもいけません。

 

細いと、障害物などに擦れて切れてしまいます。

 

太いと、風などの影響を受けやすいです。

 

個人的には、0.8号がよいと思います。

 

 

ウキ

ウキは、玉ウキや棒ウキを使います。

 

3〜5号の小さめの玉ウキが使いやすいです。

 

小さなウキを使うのは、浮かせて使わないためです。

 

水中に沈めて目印として使います。

 

 

ハリス・針

ハリスは、0.3〜0.4号を使います。

 

長さは、5〜10cmほどにします。

 

針は、エビ針1〜3号やタナゴ針1号がおすすめです。

 

仕掛けは、自作のものでもよいですが、市販のものを購入した方が楽です。

 

根がかりしてもよいように、仕掛けは少し多めに用意しておくと安心です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「テナガエビ釣りの竿のおすすめ

ホーム