ハゼ釣り仕掛け「ちょい投げ」とは?釣り方・コツは?

ハゼ釣り仕掛け「ちょい投げ」とは?釣り方・コツは?

ハゼ釣りのちょい投げ仕掛けと釣り方・コツについてご紹介しています。

 

ハゼは、河口内湾などで釣れます。

 

そのため、フィールドごとに、さまざまな釣り方でハゼが狙われます。

 

特に、水深のある内湾では、ちょい投げ釣りをする人が多いです。

 

ミャク釣りやウキ釣りは、竿の長さほどしか道糸が取れないためです。

 

その点、ちょい投げ釣りはリールを使いますので、どのような水深でも問題なく釣りをすることができます。

 

ハゼ釣り ちょい投げ

 

 

ちょい投げとは、遠投とは異なり、軽く仕掛けを投げることです。

 

そのため、初心者や女性でもそれほど難しくはありません。

 

少し練習すれば、できるようになります。

 

 

ちょい投げは、ハゼが深場に落ちる晩秋から冬にかけて行われる釣り方です。

 

ハゼが浅場に集まる夏には不向きです。

 

 

ちょい投げ釣りの仕掛けは、次のとおりです。

 

ハゼ釣り ちょい投げ釣り

 

 

ここでは、天秤を使った仕掛けをご紹介していますが、天秤を使わず、中通しオモリだけの仕掛けもあります。

 

ただ、天秤を使わないと、投げる際に仕掛けが絡まってしまう恐れがあります。

 

個人的には、天秤を使った方がよいと思います。

 

投げる距離にもよりますが。

 

 

竿

2〜3mほどの万能竿などがよく使われます。

 

長い竿は扱いにくいです。

 

軽く投げるだけなので、短くて柔らかめの竿がおすすめです。

 

ハゼのちょい投げ釣りで使う竿の詳細はこちら!

 

 

リール

小型のスピニングリールを使います。

 

1000〜2000番が使いやすいです。

 

ハゼのちょい投げ釣りで使うリールの詳細はこちら!

 

 

道糸

道糸は、PEでもナイロンでもよいです。

 

感度重視ならPEを、食い込み重視ならナイロンがよいです。

 

どちらでも構いません。

 

PE:0.6〜0.8号

 

ナイロン:1〜2号

 

 

天秤

キス用の天秤など、小型の天秤を使います。

 

腕の長さは、5〜10cmでよいです。

 

 

ハリス・針

ハリスは、フロロカーボンの0.8〜1号、全長40〜50cmの2本針でOKです。

 

針は、袖針4〜6号を使います。

 

 

オモリ

オモリは、5〜10号を使います。

 

スポンサーリンク

 

 

ちょい投げの釣り方

軽く仕掛けを投げます。

 

仕掛けが着底したら、糸ふけを取って、糸がピンと張った状態にして当たりを待ちます。

 

当たりがなければ、リールをゆっくり巻いて仕掛けを引いてきます。

 

その後、しばらく止めて当たりを待ちます。

 

速く巻くと釣れませんので、注意が必要です。

 

リールを巻いて仕掛けを引くのではなく、竿を動かして仕掛けを引き、たるんだ糸だけをリールで巻き取った方が当たりは取りやすいです。

 

 

根がかりが多い場所では、仕掛けを少し浮かせてリールを巻くとよいです。

 

あるいは、置き竿で当たりを待ってもよいです。

 

たまに誘いをかける程度なので根がかりしにくいです。

 

この釣り方は、外道が多い時にも有効です。

 

 

当たりがあれば、軽く合わせます。

 

針がかりすれば、そのまま巻いてきます。

 

針掛かりしなくても、すぐには上げず、もう1度食ってくるのを待ちます。

 

しばらく待っても、当たりがなければ、仕掛けを回収し、エサを確認します。

 

 

当たりがない場合は、投げるポイントを変えたり、針の大きさを小さくするとよいです。

 

いろいろと試すことが重要です。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ハゼ釣り仕掛け「チョメリグ」とは?釣り方・コツは?

ホーム