釣り情報

【釣り情報】青物(メジロ)釣り 京都府網野 2016年10月14日

青物(メジロ)釣りのため、京都府網野へ行ってきました。

 

毎年、この時期にメジロの夜釣りに行っています。

 

今年は、台風が連続で発生し、釣れるのかどうかは微妙な感じでした。

 

予報では、波はなく、晴れでしたので、天気はまったく心配ありませんでした。

 

 

午後5時に出船しました。

 

ポイントには、30分ほどで着きました。

 

すぐに準備に入りました。

 

 

今回は、胴突き釣りです。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

竿 バイパースティック 310
リール ハイパータナコン500Fe
ムツ鈎17号 5本
ハリス 14号
30cm
間隔 130cm
クッションゴム
おもり 60号

 

毛付きの青物仕掛けです。

 

仕掛けは、もっと小さめのものでも問題ありませんが、夜釣りでは少々仕掛けが大きくなっても問題なく食います。

 

大物に備えて、大きめのものにしました。

 

エサは、イカの短冊です。

 

 

釣りを開始しても、しばらくは誰にも当たりがありませんでした。

 

青物が寄ってくるまでには、しばらく時間がかかるのが普通です。

 

しかし、この日は一向に釣れる気配が感じtられませんでした。

 

 

1時間以上経って、やっとハマチが釣れました。

 

釣ったと言っても、巻き上げている際に、水面付近で急に食いついてきました。

 

あまりにも突然だったので驚きました。

 

40cmほどの大きさでした。

 

 

この後、連続ヒットするのではと期待したのですが、なかなか次の当りがありません。

 

仲間の1人は、この時間帯調子がよく、メジロやハマチをコンスタントに釣り上げていました。

 

 

連続ではヒットしませんが、たまにハマチやチャリコの当たりがありました。

 

底付近で釣っていると、やや大きめの当たりがありました。

 

大物ではと期待したのですが、引き込み方が青物ではありませんでした。

 

釣り上げると、40cmほどのマダイでした。

 

 

その後も、同じような感じで、メジロの当たりはまったくありませんでした。

 

午後11時に、あと30分で終わりであることがわかりました。

 

 

この時点で、エサのオキアミがまだたくさん残っていました。

 

このままでエサがもったいないと思い、撒き餌をまきまくることにしました。

 

仕掛けを狙っている棚まで沈め、撒き餌を一気に出し、1〜2分待って当たりがなければ、すぐに回収しました。

 

これを何回も繰り返し、午後11時30分になる少し前に、これが最後かなと思いながら、仕掛けを投入し、撒き餌を一気に出しました。

 

すぐに当たりがありませんでしたので、今日はメジロには縁がなかったなと思いながら、片づけをし始めました。

 

片づけの途中で、何気なく竿を見ると、竿先が大きく曲がっていました。

 

慌てて合わせて巻き始めました。

 

かなり重量感があって、強く引き込みましたので、これはメジロだと確信しました。

 

ここでバラしてはシャレにならないと、いつも以上に慎重に巻き上げました。

 

水面まで上がって来ると、大きな魚影が見えました。

 

よく見ると、魚影は2つありました。

 

何と、最後の最後にメジロのダブルだったのです。

 

これには驚きました。

 

諦めずに、撒き餌をまきまくってよかったと思いました。

 

このようなことがあるだけに、やはり釣りは楽しいですね。

 

 

全体的に、釣果はイマイチでした。

 

青物はいなかったようです。

 

本当に最後に釣れてよかったです。

 

日時 2016年10月14日 17時00分〜24時30分
人数 4人
ポイント 京都府 網野
釣り方 胴突き

天気

 

晴れ

 

 

0.5m

 

普通

 

普通

 

私の釣果

 

メジロ2匹 65〜70cm

 

ハマチ3匹 40cm

 

マダイ2匹 30〜40cm

 

レンコダイ1匹 35cm 

 

チカメキントキ1匹 30cm

 

全員の釣果

 

メジロ5匹 60〜70cm

 

ハマチ16匹 40〜45cm

 

マダイ5匹 30〜40cm

 

レンコダイ1匹 35cm

 

ガシラ2匹 25〜35cm

 

チカメキントキ6匹 25〜35cm

 

 

スポンサーリンク

このページの先頭へ戻る